冷めても美味しいミルキークイーン 特長とおすすめの食べ方

もちもちっとした食感で適度な甘みがあり、冷めても美味しいお米として「ミルキークイーン」は人気があります。名前だけ聞くとお米をイメージさせないかわいらしいネーミングでもありますね。

近頃何かと耳にするお米ではありますが、実際どうしてそこまで人気があるのか知らない人もいると思います。ミルキークイーンは他のお米にはない嬉しい特徴があります。日本のどの産地で栽培されているのかも気になりますね。今回はそんなミルキークイーンについて徹底的に紹介していきます。

ミルキークイーンとは

ミルキークイーンの誕生は1985年に農水省主導で「スーパーライス計画」が立案されたことにあります。

もともとは食感が良く粘り気の強いお米として生み出されたものです。生まれは茨城県のつくば農業研究センターで大学や民間企業・研究所などが協力し合い作られました。今までの一般的なお米の多くは「都道府県主導」でその土地の気候にあった新米の計画が行われるものだったこともあり、全く新しい試みともいえるのではないでしょうか。

もちろんすぐにミルキークイーンが生み出されたわけではなく、国主導の農業研究センターの「稲育種法研究室」にて何度も実験が行われ、コシヒカリの突然変異として生まれたお米です。そのためコシヒカリの味わいとも少し似ています。

ミルキークイーンの名前の由来となったのは、玄米が半透明になり一般的なうるち米よりも乳白色の色をしていることから名前がつけられました。現在は料亭やホテルなどの高級店で使われることも多い高級なお米です。

ミルキークイーンの特長

お米は品種によっても味わいが変わります。ミルキークイーンの特長といえば、お米自体に粘り気がありもち米のような噛みごたえがあり、炊きたてでなくとも冷めても硬くなりにくく美味しいことです。なぜ同じお米でもこのような違いが出るのでしょうか。その答えはミルキークイーンが低アミロース米であることにあります。

お米には“デンプン”が含まれていて、デンプンはアミロースとアミロペクチンという2種類の成分から構成されています。アミロースの割合が少ないと粘り気の強いもちもちとした食感のご飯になり、対してアミロースの割合が多いお米になるとパサパサとした食感になります。ミルキークイーンのアミロースの割合はコシヒカリの半分もしくはそれ以下だとされているため、もちもちとした食感になるのです。ちなみにもち米はアミロースがゼロだからこそ粘り気の強いお餅ができあがります。

ここまで説明すれば、ミルキークイーンがどうして粘り気があるお米なのかがわかると思います。 お米の粘り気や食感のバランスはご飯のおいしさを決める重要なカギですが、 もちろん好みがありますので、なかにはパサパサのお米の方が美味しいと感じる人もいます。

ミルキークイーンは単体で食べても美味しいお米ですが、ブレンド米として混ぜて食べてもその美味しさを実感できます。もしミルキークイーンのデメリットがあるとすれば、先述のとおり見た目が乳白色なので、お米の透明性が少なく感じられます。また、粘り気の強い食感をお餅のような味わいだと感じる人もいるようです。玄米を食べ比べた時やさっぱりとしたお米と食べ比べた時、違いがより感じられやすくなります。

ミルキークイーンの主な生産地

ミルキークイーンは温暖な気候の場所でも生産できるお米ですので、全国で幅広く栽培されています。栽培の最北は山形県で、生産量が一番多いのは新潟県や茨城県です。他にも長野県・岐阜県・三重県・熊本県などのさまざまな地域でミルキークイーンが作られています。もともとコシヒカリの突然変異と考えると温暖な気候を好む品種でもあるといえるのではないでしょうか。

生産地によっても風味の違いがありますので、ミルキークイーンの食べ比べを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。また、農薬をできるだけ使っていないものを選ぶようにしてくださいね。

ミルキークイーンは冷めても美味しい!

ご飯の本来の美味しさは冷えたときにわかると言われています。炊きたてのときはよっぽどでもない限り、どのお米も美味しく感じるはずです。

ミルキークイーンは冷めたときにこそ普通のお米との差がはっきりとわかります。炊いたときのままで変わることのない味や粘り気を冷めても楽しめ、なかにはミルキークイーンは冷えてからの方が美味しいと、炊きたてを食べずに冷めるまで待つコアな人もいます。

ミルキークイーンに合う料理、合わない料理

ミルキークイーンは冷めても美味しい特性から、おにぎりやお弁当など、炊いてから時間が経って食べるご飯に適しています。和食とも非常に相性が良く、ご飯の美味しさを実感できるはずです。

粘り気が強いお米ですので、パラパラさが美味しいチャーハンや、カレー、スープなどとの相性は悪いお米です。べちゃべちゃになってしまいミルキークイーンの食感が活きづらなくなってしまいます(調理法によってはミルキークイーンを使ってパラパラっとしたチャーハンを作ることも可能です)。

ミルキークイーンの炊き方

ミルキークイーンの基本的な炊き方は、従来のお米とほとんど同じです。ポイントとしては、もともとの粘り気があるので「水を少なめ」にすると美味しく炊けます。目安として普段の水の9割程度にして炊くようにします。

 

ご飯が炊きあがったらすぐにしゃもじで底から混ぜておくとご飯がかたまりにくく、時間が経っても美味しく食べられます。

またミルキークイーンはブレンド米にして食べるのも美味しいので、もともとさっぱりとした味わいのお米2合にミルキークイーン1合をブレンドして食べると、さっぱりさとモチモチ感のバランスが良くなり美味しく食べられます。

三重・伊勢度会産 おんじ屋のミルキークイーン

ミルキークイーンを生産している農家はたくさんありますが、直売農家でもあり過去の注文実績が3000件以上、リピーター数も年々増やしているのが「お米のおんじ屋」です。まさに“魔法のお米”にふさわしいおんじ屋のミルキークイーンは、日本全国各地からはもちろん、海外からの利用客も多く幅広い世代に愛されています。

それもそのはず、おんじ屋のミルキークイーンの白米は炊きあがりがつややかでもちもち粘り強い食感に、甘みが強く冷めても美味しいお米です。冷めても固くなりにくく、 旨味が長時間長持ちします 。

美味しさの秘密は生産地・伊勢度会の風土にあります。日本一の水質に何度も選ばれている宮川が流れる伊勢度会は、豊かな自然に恵まれ、寒暖差のある美しい場所です。

また風土としての魅力はもちろん、愛情とこだわりを持ち、農薬をできるだけ使わずに育てることで、健康的で自然本来の力を引き出したミルキークイーンとなっています。 誰もが安心して食べられるお米づくりを目指し「3年連続」で安心安全な食を示す「みえの安心食材」にも認定されました。人にも環境にもやさしいミルキークイーンです。

さらに、伊勢神宮のお膝元・度会町で作られ奉納された、ありがたい「伊勢神宮奉納米」としても知られています。実際におんじ屋のミルキークイーンを食べたお客さんの多くから「こんなに美味しいミルキークイーンにははじめて出会いました」といわれ、毎年生産が追いつかないほどの人気ぶり。お米が苦手な子どもでも美味しく食べられると話題です。

本物の食を追求したいあなたへ、愛情込めて作られた絶品のミルキークイーンを試してみませんか。伊勢度会育ちの自然を活かしたありがたいお米ですので、この機会に楽しんでみてくださいね。

「ごはん抜きダイエット」は危険?!お米は脳に重要なエネルギー源だった!



芸能人やCMの影響などから、
「炭水化物=太る」というイメージが先走りし、
ごはんを抜くダイエットをする人が増えています。

しかし、決して炭水化物がすべて悪者というわけではありません。
バランスの取れた正しい食生活を続ければ、ごはんを食べて太るということはありませんし、
むしろ、ごはんを抜くことは人間にとって危険である事もあります。



●イライラは脳のエネルギー不足?

なんとなくイライラしたり、集中力が出なくて、勉強や仕事がはかどらないことはありませんか?
これは、脳のエネルギーであるお米が不足していることが原因かもしれません。



脳の活動エネルギー源は主にブドウ糖です。

日本人は弥生時代から、ブドウ糖を主にお米で補ってきました。
お米の糖質であるでんぷんは、体内に入ってから消費活動を通じてブドウ糖に変わります。
(でんぷん →だ液・すい液のアミラーゼで麦芽糖に変化 →小腸内でブドウ糖に変化
→小腸で吸収 →肝臓→脳・全身へ)

余ったブドウ糖はグリコーゲンに変えられ、エネルギー源として肝臓や筋肉組織で蓄えられます。
しかし大量に蓄えることができないため、すぐに不足してしまいます。
つまりごはん抜きダイエットはブドウ糖不足に繋がり、 集中力や記憶力の低下を引き起こします。

当然、脳は糖を欲するため、ついつい、糖度の高い甘いものなどで補おうとします。
糖度の高いものは脳への補給が早いので、すぐに満たされた気持ちになりますが、
お米の糖質とはまるで違うということに注意が必要です。

●糖質の種類

 種類     糖質名
・単糖類・・・ブドウ糖、ガラクトース、果糖
・二糖類・・・砂糖(ブドウ糖+果糖)、麦芽糖(ブドウ糖×2個)、乳糖(ブドウ糖+ガラクトース)
・多糖類・・・でんぷん(←お米はここ)、グリコーゲン

お菓子や果物の単糖類や二糖類は、分解され吸収される過程が少なくて済むので、
スポーツをしたり過労、低血糖等今直ぐ糖質が必要な時は即効性がありますが、
取りすぎると血糖値が急激に上がり、インスリンやホルモンの過剰分泌により、
免疫が低下したり、糖尿病や高脂血庄の原因になるため、注意が必要です。

一方、お米のごはんはゆっくりと消化・吸収されるため、血糖値の上昇が緩やかで、体への負担が少なく済みます。
また粒食でよく噛むため、腹持ちも良いですよね。
さらに、お米を中心とした和食のメニューはおかずが増え、栄養のバランスがとりやすい上、
脂質過多になりにくいです。
まさに、お米は脳にとって非常に安定した脳のエネルギー供給源なのです。
ただし、パンや麺類は手っ取り早い一方で脂質や塩分が多い上に、ご飯よりも柔らかく噛む回数が減ってしまうため、
注意が必要です。
また、野菜やたんぱく質をちゃんと取らずにお米とふりかけだけでご飯を済ませるといった、バランスを無視した
食生活も肥満や病気に繋がりやすくなってしまいます。



お米の正しい知識を知って、毎日バランスの良い食事を心がけ、
大切な一日を元気よく乗り切りましょうね!

 

玄米でダイエツトや糖質制限も実現!その驚きの効果と炊き方とは?

冬は寒さに備え、よく食べ、エネルギーを蓄える時期ですね。ですが、寒いのでつい室内にこもりがち!
この運動不足と、水分不足、そして冷えにより、冬は腸の蠕動運動が鈍くなり、悪玉菌が優位になり、便やガスが溜まりがちになります。
そこで、たまの腸内環境を整えるデトックス活動として玄米食を取り入れてみませんか。

・玄米は美容にも役立つ食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富
玄米は白米の約5倍の食物繊維を含んでいます。またビタミンE、ビタミンB群、鉄、マグネシウム、
カリウム、マンガン、亜鉛など、野菜に多く含まれるビタミン・ミネラルも豊富
・玄米は白米よりも糖の吸収が緩やかなので、糖質制限・ダイエットにもおすすめです。
糖の吸収しやすさを示す「GI値」は、白米82.5に対して、玄米は58.7です。

・玄米の美味しい炊き方レシピ(こだわりの食べ方がある方は通常の方法でお召し上がりください^^)
①計量
白米と同様の計量カップで量る
②すすぎ
たっぷり目の水で軽くすすぐ
③研ぐ
洗米して水を切った玄米を、ゴシゴシと強めに研ぐ。玄米の表面に傷をつけてやるイメージ。
米糠部分は油分で、水分をはじきやすいため、表面をゴシゴシ傷つけてやる事で、
全体的に給水しやすくさせる。

④すすぎ
2~3回(分量が多ければ4~5回)すすぐ。
玄米の薄皮が浮遊しなくなるのが目安。

⑤浸水・炊飯(炊飯方法ごとに記載します)
・玄米メニューのある電気炊飯器の場合
浸水:なし でもOK
炊飯:玄米のガイドラインに従って水を入れ、炊飯。

・玄米メニューのない電気炊飯器の場合
浸水:7時間程度~
※水温外気温の低いときは長めに、水温外気温の上がる夏場は冷蔵庫で浸けおくとよい。
炊飯:通常の白米ラインまで水を入れ、炊飯。
できれば炊飯後、1時間ほど蒸らすとよい(保温時間が長くなるほどおいしくなるとか)。

・火力による炊飯(土鍋・圧力鍋・火力釜など)の場合
浸水:白米の3~4割増しの水で4~10時間程度
→炊飯。炊飯後蒸らし時間を10~20分程置いてから、きりまぜをして余分な水分をとばす。

・私たちおんじ夫婦も実は米農家ながら、玄米をちゃんと浸水して食べたのは今月が初めて。
プチプチ食感と糠のいい香りがクセになります。またミルキークイーンの玄米なら
噛めば噛むほど品種ならではのもちもち・甘みも感じられるので食べやすく、玄米初心者の方にもおすすめです。
浸水せずに炊くとボソボソしますが、しっかり水に浸水すれば全然そんなことはなく、柔らかく美味しく頂けますよ♪

・食物繊維が豊富がゆえに消化に負担がかかり、貧血気味になることも(?)
対策としては、少しずつ口に含み、よく噛んでお召し上がりください。体調に合わせて、食べる頻度も調整してみてくださいね。