玄米でダイエツトや糖質制限も実現!その驚きの効果と炊き方とは?

冬は寒さに備え、よく食べ、エネルギーを蓄える時期ですね。ですが、寒いのでつい室内にこもりがち!
この運動不足と、水分不足、そして冷えにより、冬は腸の蠕動運動が鈍くなり、悪玉菌が優位になり、便やガスが溜まりがちになります。
そこで、たまの腸内環境を整えるデトックス活動として玄米食を取り入れてみませんか。

・玄米は美容にも役立つ食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富
玄米は白米の約5倍の食物繊維を含んでいます。またビタミンE、ビタミンB群、鉄、マグネシウム、
カリウム、マンガン、亜鉛など、野菜に多く含まれるビタミン・ミネラルも豊富
・玄米は白米よりも糖の吸収が緩やかなので、糖質制限・ダイエットにもおすすめです。
糖の吸収しやすさを示す「GI値」は、白米82.5に対して、玄米は58.7です。

・玄米の美味しい炊き方レシピ(こだわりの食べ方がある方は通常の方法でお召し上がりください^^)
①計量
白米と同様の計量カップで量る
②すすぎ
たっぷり目の水で軽くすすぐ
③研ぐ
洗米して水を切った玄米を、ゴシゴシと強めに研ぐ。玄米の表面に傷をつけてやるイメージ。
米糠部分は油分で、水分をはじきやすいため、表面をゴシゴシ傷つけてやる事で、
全体的に給水しやすくさせる。

④すすぎ
2~3回(分量が多ければ4~5回)すすぐ。
玄米の薄皮が浮遊しなくなるのが目安。

⑤浸水・炊飯(炊飯方法ごとに記載します)
・玄米メニューのある電気炊飯器の場合
浸水:なし でもOK
炊飯:玄米のガイドラインに従って水を入れ、炊飯。

・玄米メニューのない電気炊飯器の場合
浸水:7時間程度~
※水温外気温の低いときは長めに、水温外気温の上がる夏場は冷蔵庫で浸けおくとよい。
炊飯:通常の白米ラインまで水を入れ、炊飯。
できれば炊飯後、1時間ほど蒸らすとよい(保温時間が長くなるほどおいしくなるとか)。

・火力による炊飯(土鍋・圧力鍋・火力釜など)の場合
浸水:白米の3~4割増しの水で4~10時間程度
→炊飯。炊飯後蒸らし時間を10~20分程置いてから、きりまぜをして余分な水分をとばす。

・私たちおんじ夫婦も実は米農家ながら、玄米をちゃんと浸水して食べたのは今月が初めて。
プチプチ食感と糠のいい香りがクセになります。またミルキークイーンの玄米なら
噛めば噛むほど品種ならではのもちもち・甘みも感じられるので食べやすく、玄米初心者の方にもおすすめです。
浸水せずに炊くとボソボソしますが、しっかり水に浸水すれば全然そんなことはなく、柔らかく美味しく頂けますよ♪

・食物繊維が豊富がゆえに消化に負担がかかり、貧血気味になることも(?)
対策としては、少しずつ口に含み、よく噛んでお召し上がりください。体調に合わせて、食べる頻度も調整してみてくださいね。

一度は食べたい!「魔法のお米」ミルキークイーン

ミルキークイーンはコシヒカリから突然変異で生まれました。
アミロース(デンプンの一種)成分が一般のお米よりも低いため、つやと強い粘り、そして甘味があるのが特徴です。
「お米の女王」「魔法のお米」などとも呼ばれ、ホテルや飲食店でもよく使われています。
お子様からご年配まで、幅広い世代の方々に大人気のお米で、全国のTVや雑誌などでもたびたび取り上げられています。

 

 

 

 

炊飯器を新しく変えなくても、炊き上がりはつやつやぴかぴか!
冷めても美味しく、お弁当・おにぎりにも最適です。
また、ご自宅に余っているお米と1~2合混ぜて炊いても、もちもち感が増して美味しくお召し上がりいただけます。

商品一覧はこちら

ミルキークイーンは栽培がとても難しい!

全国のテレビ・雑誌などでも話題沸騰中のミルキークイーン。実は他のお米と比べて栽培がとっても難しいんです!
今回はそのミルキークイーンの栽培の特性についてご説明します。

ミルキークイーンの栽培の特性


ミルキークイーンは南東北以南に適応し、関東地方では出穂期・成熟期とも“早生の晩”に属します。早く育てられ、早く出荷できるということですね。

穂丈が長いので倒伏しやすいです。
また、イネ科特有のいもち病への耐性も弱めです。

そのため、農薬・肥料の使用量を抑えたり、やるタイミングをしっかりと見極めなければなりません。

また、このように、稲刈りのタイミングを見極めることもかなり重要です。

稲刈りが少しでも遅れると台風などで一気に倒伏する恐れがあります。しかし、早すぎると青米(まだ成熟しきっていないお米)の割合が増えてしまいます。青米は精米して普通の白米として食べられますが、収量減につながるので、できれば成熟しきってから収穫したいところなのです。

 

これだけでも難しさを想像していただけるかと思いますが、倒れやすい上に収量性がコシヒカリよりもやや低いという厄介もの。つまり、限られた肥料の中でいかに土のチカラと稲のチカラを上げられるかがポイントとなるのです。

<関連記事>
ミルキークイーンの誕生