「ごはん抜きダイエット」は危険?!お米は脳に重要なエネルギー源だった!



芸能人やCMの影響などから、
「炭水化物=太る」というイメージが先走りし、
ごはんを抜くダイエットをする人が増えています。

しかし、決して炭水化物がすべて悪者というわけではありません。
バランスの取れた正しい食生活を続ければ、ごはんを食べて太るということはありませんし、
むしろ、ごはんを抜くことは人間にとって危険である事もあります。



●イライラは脳のエネルギー不足?

なんとなくイライラしたり、集中力が出なくて、勉強や仕事がはかどらないことはありませんか?
これは、脳のエネルギーであるお米が不足していることが原因かもしれません。



脳の活動エネルギー源は主にブドウ糖です。

日本人は弥生時代から、ブドウ糖を主にお米で補ってきました。
お米の糖質であるでんぷんは、体内に入ってから消費活動を通じてブドウ糖に変わります。
(でんぷん →だ液・すい液のアミラーゼで麦芽糖に変化 →小腸内でブドウ糖に変化
→小腸で吸収 →肝臓→脳・全身へ)

余ったブドウ糖はグリコーゲンに変えられ、エネルギー源として肝臓や筋肉組織で蓄えられます。
しかし大量に蓄えることができないため、すぐに不足してしまいます。
つまりごはん抜きダイエットはブドウ糖不足に繋がり、 集中力や記憶力の低下を引き起こします。

当然、脳は糖を欲するため、ついつい、糖度の高い甘いものなどで補おうとします。
糖度の高いものは脳への補給が早いので、すぐに満たされた気持ちになりますが、
お米の糖質とはまるで違うということに注意が必要です。

●糖質の種類

 種類     糖質名
・単糖類・・・ブドウ糖、ガラクトース、果糖
・二糖類・・・砂糖(ブドウ糖+果糖)、麦芽糖(ブドウ糖×2個)、乳糖(ブドウ糖+ガラクトース)
・多糖類・・・でんぷん(←お米はここ)、グリコーゲン

お菓子や果物の単糖類や二糖類は、分解され吸収される過程が少なくて済むので、
スポーツをしたり過労、低血糖等今直ぐ糖質が必要な時は即効性がありますが、
取りすぎると血糖値が急激に上がり、インスリンやホルモンの過剰分泌により、
免疫が低下したり、糖尿病や高脂血庄の原因になるため、注意が必要です。

一方、お米のごはんはゆっくりと消化・吸収されるため、血糖値の上昇が緩やかで、体への負担が少なく済みます。
また粒食でよく噛むため、腹持ちも良いですよね。
さらに、お米を中心とした和食のメニューはおかずが増え、栄養のバランスがとりやすい上、
脂質過多になりにくいです。
まさに、お米は脳にとって非常に安定した脳のエネルギー供給源なのです。
ただし、パンや麺類は手っ取り早い一方で脂質や塩分が多い上に、ご飯よりも柔らかく噛む回数が減ってしまうため、
注意が必要です。
また、野菜やたんぱく質をちゃんと取らずにお米とふりかけだけでご飯を済ませるといった、バランスを無視した
食生活も肥満や病気に繋がりやすくなってしまいます。



お米の正しい知識を知って、毎日バランスの良い食事を心がけ、
大切な一日を元気よく乗り切りましょうね!

 

玄米でダイエツトや糖質制限も実現!その驚きの効果と炊き方とは?

冬は寒さに備え、よく食べ、エネルギーを蓄える時期ですね。ですが、寒いのでつい室内にこもりがち!
この運動不足と、水分不足、そして冷えにより、冬は腸の蠕動運動が鈍くなり、悪玉菌が優位になり、便やガスが溜まりがちになります。
そこで、たまの腸内環境を整えるデトックス活動として玄米食を取り入れてみませんか。

・玄米は美容にも役立つ食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富
玄米は白米の約5倍の食物繊維を含んでいます。またビタミンE、ビタミンB群、鉄、マグネシウム、
カリウム、マンガン、亜鉛など、野菜に多く含まれるビタミン・ミネラルも豊富
・玄米は白米よりも糖の吸収が緩やかなので、糖質制限・ダイエットにもおすすめです。
糖の吸収しやすさを示す「GI値」は、白米82.5に対して、玄米は58.7です。

・玄米の美味しい炊き方レシピ(こだわりの食べ方がある方は通常の方法でお召し上がりください^^)
①計量
白米と同様の計量カップで量る
②すすぎ
たっぷり目の水で軽くすすぐ
③研ぐ
洗米して水を切った玄米を、ゴシゴシと強めに研ぐ。玄米の表面に傷をつけてやるイメージ。
米糠部分は油分で、水分をはじきやすいため、表面をゴシゴシ傷つけてやる事で、
全体的に給水しやすくさせる。

④すすぎ
2~3回(分量が多ければ4~5回)すすぐ。
玄米の薄皮が浮遊しなくなるのが目安。

⑤浸水・炊飯(炊飯方法ごとに記載します)
・玄米メニューのある電気炊飯器の場合
浸水:なし でもOK
炊飯:玄米のガイドラインに従って水を入れ、炊飯。

・玄米メニューのない電気炊飯器の場合
浸水:7時間程度~
※水温外気温の低いときは長めに、水温外気温の上がる夏場は冷蔵庫で浸けおくとよい。
炊飯:通常の白米ラインまで水を入れ、炊飯。
できれば炊飯後、1時間ほど蒸らすとよい(保温時間が長くなるほどおいしくなるとか)。

・火力による炊飯(土鍋・圧力鍋・火力釜など)の場合
浸水:白米の3~4割増しの水で4~10時間程度
→炊飯。炊飯後蒸らし時間を10~20分程置いてから、きりまぜをして余分な水分をとばす。

・私たちおんじ夫婦も実は米農家ながら、玄米をちゃんと浸水して食べたのは今月が初めて。
プチプチ食感と糠のいい香りがクセになります。またミルキークイーンの玄米なら
噛めば噛むほど品種ならではのもちもち・甘みも感じられるので食べやすく、玄米初心者の方にもおすすめです。
浸水せずに炊くとボソボソしますが、しっかり水に浸水すれば全然そんなことはなく、柔らかく美味しく頂けますよ♪

・食物繊維が豊富がゆえに消化に負担がかかり、貧血気味になることも(?)
対策としては、少しずつ口に含み、よく噛んでお召し上がりください。体調に合わせて、食べる頻度も調整してみてくださいね。

一度は食べたい!「魔法のお米」ミルキークイーン

ミルキークイーンはコシヒカリから突然変異で生まれました。
アミロース(デンプンの一種)成分が一般のお米よりも低いため、つやと強い粘り、そして甘味があるのが特徴です。
「お米の女王」「魔法のお米」などとも呼ばれ、ホテルや飲食店でもよく使われています。
お子様からご年配まで、幅広い世代の方々に大人気のお米で、全国のTVや雑誌などでもたびたび取り上げられています。

 

 

 

 

炊飯器を新しく変えなくても、炊き上がりはつやつやぴかぴか!
冷めても美味しく、お弁当・おにぎりにも最適です。
また、ご自宅に余っているお米と1~2合混ぜて炊いても、もちもち感が増して美味しくお召し上がりいただけます。

商品一覧はこちら