特別栽培米とは~肥料を減らす理由~


特別栽培米とは、農薬・化学肥料の使用量を地域基準の5割以上抑えて育てたお米です。
今回は、この栽培方法において肥料を減らす理由をお話しします。

  1. 植物は本来自分だけで育つもの
    植物には本来、「光合成」という生きるための素晴らしい術があります。
    だから、極言をいえば肥料をやらなくても育ちます。
    ただ、たくさんの実をつけるためにはたくさんのエネルギーが必要になるため、少し補助をしてやる必要があります。
    これが、肥料の本来の役目です。しかし、必要以上に与えてしまうと、作物は自分で働かなくても大きくなれると思い、肥料に頼ってしまいます。
    これが病気の元!いざ、悪天候が続いたり、病気が流行ったときに、自分を守る力が働かなくなってしまうのです。
    人間も食べてばかりでごろごろ動かないと、風邪を引きやすくなってしまいますよね。これには体の免疫力低下が考えられますが、植物も同じなのです。
  2. 自然本来の味を最大限に引き出す
    肥料を与える目的のもう一つに、食味を上げるという役割があります。
    しかし化学肥料を過剰に与えれば「作物の味=化学物質の味」になりかねません。料理でいう、化学調味料と同じ役割になります。
    そうではなく、私たちは自然から生まれる味、いわゆる“雑味”や“旨み”といった味を大事にしているため、化学肥料は最低限に抑える工夫をしています。
  3. 自然由来の素材で免疫も食味もアップ!
    化学肥料の代わりに、牛ふん堆肥、米ぬか・ヨーグルト由来の乳酸菌など、自然とからだにやさしい天然微生物をたっぷりと活用。
    この微生物たちが作物本来のの免疫力を上げ、病気や気候の変化に負けない、健康で丈夫なお米となります。
    また、健康になることで、実つきも美味しさもアップするのです。